<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< オールカマー(結論 | main | タップダンスシチー、凱旋門賞断念 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

神戸新聞杯(結論

明日、阪神競馬場では第52回神戸新聞杯(G)が行われます。

菊花賞への前哨戦であるこのレース。
この後天皇賞へ向かうキングカメハメハにとって、
まずはこの始動戦をどうクリアするのかが見ものですね。
週明けからこのキングカメハメハVSハーツクライの一騎打ちムード。
ココ10年で最もレース後のダメージが大きかった今年の日本ダービー。
そのダービーで果敢に4コーナーを先頭で駆け抜け、
最後こそ失速の8着敗退だったコスモバルクが先週、
セントライト記念を貫禄のレコード勝ち。
改めてダービーの価値、ダービーというレースの重さが
再認識された瞬間でもありました。

そのダービーを、4角外ハイアーゲームのプレッシャーを
3番手から抜け出し堂々のダービーレコード勝ち。
キングカメハメハの能力は、もはや古馬トップクラスともいえるかと。

しかしその逆転候補が、8枠8番にいるではないですか。

ハーツクライ。
ダービーではラストの3F、34.3の極上の切れ味で2着。
18頭中、唯一脚を余した格好となったのもこの馬です。
4コーナでも17番手でジックリ待機していた分の切れ味かもしれません。
それでもカメハメハに最後まで迫ったのはこの馬だけ。

キングカメハメハが天皇賞へ向けて、
とりこぼせないレースだというのは重々承知。
個人的にもココを圧勝して天皇賞へ向かってほしい気持ちは正直あります。
それでもどうしてもココでハーツクライが
カメハメハを差し切る光景が浮かんでならないんです^^;
この後、片方は盾、片方は菊へと別々の道を歩む2頭。
ダービーの逆転チャンスは、ココしかないんです。

−結論−

◎ハーツクライ
○キングカメハメハ
▲なし
☆ケイアイガード
△´キ

馬券は◎から○への馬単が大本線。
しかし、競馬に絶対はナシ。
△まで手は広げます。
3単は◎⇒○⇒☆△、◎⇒☆△⇒○の
フォーメーションも狙ってみたいですね。
Can(きゃん) * 重賞展望 * 23:50 * comments(0) * trackbacks(4)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:50 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

日曜日の展望(オールカマー・神戸新聞杯)

テンション下がり気味だけど予想しちゃいます!! 中山・オールカマー 9頭とは寂しいなぁ・・・。あまり荒れそうもないレースかな? まずは皐月賞馬ダイワメジャー 休み明けはともかく距離不安説がまだ付きまとうのよね。鞍上も重賞今一歩のヨシトミ騎手。 今回は叩き
From ありりんの競馬ブログ @ 2004/09/26 8:15 AM

神戸新聞杯

◎マイネルマグナート ○グレイトジャーニー ▲キングカメハメハ △ハーツクライ 確かクロフネは3着。 ...
From Beagle Cafe @ 2004/09/26 3:05 AM

神戸新聞杯・オールカマー予想

阪神11R 神戸新聞杯 芝2000m やはりここは、キングカメハメハが強い。 逃げ馬不在で、ハーツクライの武豊騎手がどんなレースしてくれるのかが楽しみなレース。 この2頭以外は、どの馬が3着に来てもおかしくない。  ◎ (07) キングカメハメハ ○ (08) ハーツ
From tcgoodthing @ 2004/09/26 1:33 AM

神戸新聞杯,オールカマー予想

■神戸新聞杯 クロフネ,ダイワエルシエーロを見る限り松田国厩舎の秋緒戦は信用できない。誰が見ても2頭の競馬だが,今回はハーツクライを上にとります。 ◎ハーツクライ ○キングカメハメハ △グレートジャーニー プリンシパルSではケイアイガードに先着。ケイアイよ
From E30.JP @ 2004/09/25 11:38 PM
このページの先頭へ